LOADING

Type to search

『世界のアソビ大全51』ゲーム内容やレビューを紹介!

ゲームレビュー

『世界のアソビ大全51』ゲーム内容やレビューを紹介!

Share

家族や友達と世界中のゲームで盛り上がれる『世界のアソビ大全51(せかいのあそびたいぜん51)』!

51種類ものゲームを1つのソフトでプレイできるということで、やってみたいと考えてる方も多いですよね。

とはいえ、

  • どんなゲームが収録されている?
  • 買ったはいいけど、つまらなかったらどうしよう

と手を出せずにいる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、実際に世界の『アソビ大全51』をプレイした筆者がゲームについての説明と実際にやってみた感想を書いています。

この記事を読むことで、『アソビ大全51』を買うかどうかの参考にすることができると思います。ぜひご一読ください。

 

『世界のアソビ大全51』とは

『世界のアソビ大全51』は、その名の通り、世界各地の定番ゲームや懐かしのゲームなどを51種類遊ぶことができるSwitchのゲームソフトです。

定番の『オセロ』や『麻雀』などを始めとして、海外では頭脳ゲームとして知られる『マンカラ』や『コネクトフォー』など日本人にはあまり馴染みのないゲームまで数多く収録しています。

インドアゲームだけに限らず、ダーツバーにあるような本格的なダーツやアウトドアフィッシングなども楽しむことができます。

1つのソフトでこれだけたくさんの遊びができるという点で、かなりコスパが良いと言えますね。

ボードゲームなどで遊びたいと思っても、周囲に一緒にできる人がいない時には、強さも調節して、COM対戦でプレイすることも可能。

対戦に疲れてしまったときは、癒しの音を聴いたり、自分でオリジナルの曲が作れる「ピアノ」もありますので、マイペースでゆっくりと楽しむこともできます。

 

実際に『世界のアソビ大全51』をプレイしてみて

やったことがないゲームもありましたし、ルールを知らないものも多かったです。

正直、「自分にできるか?」という不安もありました。

しかしゲーム説明がしっかりとしており、安心してプレイすることができます。

映像がついている上に、ムダがない説明なのですぐに理解することができます。キャラクターがいることからも、楽しみながら覚えることができるのもいいですね。

COM対戦も段階別に自分で選べるようになっています。

筆者が「コネクトフォー」というゲームを初めてプレイした時は、COMも1番弱い設定で行いました。初心者でも簡単に勝つことができたのでやりやすかったように思います。

初めからコンピューターが強すぎると、次回ゲーム自体に挑戦しようとする気がなくなってしまう私にはこの辺りの配慮はありがたかったです。

また、レベルを最強にするとかなり頭を使うようになります。

何度かチャレンジしましたが、なかなか勝てませんでした。何度か練習して勝ったときは達成感がありました!

グラフィックもとても美しく、リアリティーがあります。

また、家の中でボードゲームをしているところが忠実に再現されています。(机や本棚などもあります。)

ただゲームをプレイするだけでなく、細かいところにもこだわっているゲームです。

  • プレイ可能OS:Nintendo Switch
  • 発売日:2020年6月5日(金)
  • メーカー:任天堂
  • 価格:3980円(税別)
  • プレイ人数:1〜4人